さる11/3、文化の日。

当店の例年イベントであるわんこ撮影会。

今年はUPHILLの安井さんやカメラマンの寺下さんのご協力・共同企画のもと、レベルアップした『WAN散歩2012』として開催いたしました!

10時にお散歩スタートだったのですが、それまではなんだか雲が多くてお日様も隠れて・・

それがどうでしょう!

雲が切れ始め、お日様が顔を出し始めたではないですか!

カメラマンの寺下さんと「行いが良いのかもね~w」とワクワク感が高まり…

 

みなさんも早々に集まって下さり、青空が見え始めた中滞りなくWAN散歩スタート!

 

初のお散歩は約1時間半の松が原周遊コース。

そういうのがあった方がいいだろうと急で手書きマップを製作しました♬

 

 

歩き始めから、それぞれのマイペースを皆さん上手に保って、50m~のWANの列が・・・w

 

 

そこには参加した皆さんの笑顔がありました。そしてみなさんのWANたちの思わぬ発見がありました。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

吠えまくると心配されていた子は、なんてことなく笑顔で他のワンちゃんたちとお散歩ができていました。

 

 

大きなワンコだから小さい子に対して迷惑かけないかと心配されていた子は、一番小さなチワワのでめちゃんととっても仲良しになっていました。

 

 

ももこちゃんはママと一緒に笑顔があふれる素敵な撮影時間を過ごしていました。仲良しトリオになれる素敵な出会いも果たしました。

 

 

普段パパが大好きで大好きですぐに抱っこをおねだりしちゃう子は、パパとのいつもとちょっと違うお散歩を心の底から嬉しそうに楽しんでいました。

 

 

 

普段内弁慶でこういうイベントなどに参加することがないからと不安があった子は、とっても穏やかで良い表情をたくさん見せてくれました。

 

 

今日の日を楽しみにしてくれて、おめかしばっちりなモモちゃん。みんなの真ん中でママたちと一緒に松が原の景色を楽しんでくれました。

 

 

最近うちのお店にも足を運んでくれて、心と体の器がどんどん大きくなっているでめちゃん。今回のお散歩でも体力ばっちりで、良い変化に私たちも驚かされちゃいました。

 

 

ママと一緒にこんなに幸せな時間を過ごすこと。嬉しそうな気持ちが見ていて伝わってくるようでした。

 

 

ちょっと不安になっても、ママと一緒だから楽しめたよ。小さな笑顔は本当に癒されました。

 

 

休憩場所になった神社にもみんな本当に癒されていました。マイナスイオン全開で、人もデトックスに最良の場所でした。

 

 

カメラマンの寺下さんもご家族で来て下さいました。彼女がいるだけで松が原の景色がふんわり。

 

載せきれないほどの素敵な写真もたくさん。

 

もちろんこれらは素人の私の撮影で、撮影会はもっともっと素敵な写真がいっぱい。

 

お散歩が終わって、UPHILLさん特製の新米お結びと豚汁が振る舞われました。

この季節に屋外でのお食事はある意味寒さとの戦いというリスクを伴いましたが、

ここでも行いの良さ?が表れ、お日様がさす中、ポカポカ陽気のもとでおいしい空気を添え物に体の中から温まるお昼ご飯となりました。

 


物欲しそうな顔…♬(゜o゜)

しあわせなひと時…

    

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

今回ご参加いただいた皆様の半数以上の方が、

ご予約にあたって、いろいろな不安や心配をお持ちになられていました。

「怖がりなうちの子、ほかのワンちゃんと一緒に歩くなんて大丈夫かな…」

「他の子に対してよく吠えてしまうんだけど、迷惑かけないかしら…」

「そんなに長い時間歩くことなんてそんなにないから、自分もだけど体力が持つでしょうか…(・_・;)」

などなど。

 

私は、初の試みではありましたが大丈夫な予感がしていました。

 

みんなが同じ方向を見て一緒に歩くことだったり、

松が原というところが、それぞれのペースで、それぞれの子の距離を保てる場所であり、環境だったから。

そして実際歩いてみると、予想以上に皆さんがとても幸せそうな笑顔で、それぞれおのワンコたちと素敵な時間を楽しんでいる様子が見えました。

こんな素敵なイベントになるとは私自身も予想以上。

この企画は犬たちの新しい一面を見出すとともに、飼い主さんたちのワンコへの想いの象徴とも言えるものになりました。

 

限定10組という限られた募集ではありましたが、皆様ぜひ次回も参加したいと仰っていただき、感無量です。

そうなると、秋だけでは収まらないかもしれないな…なんて。

余韻を楽しみながら次回のことに胸を高めている私なのでした。

 

この度は、ご参加いただき本当にありがとうございました^^

次回もお楽しみに…♬

Special Thanks to NOZOMI TERASHITA/KAZUMI YASUI