今日の松ケ原は昨日からのみぞれで見た目真っ白、歩くとシャーベットのようで大変でした。

気温も天候も変わりやすい日が続いて、天気予報もコロコロ変わっていますね。
風邪や体調に変化がある方も多いようです。 

 

というわけで今日はセラピストの観点から。

 

季節の変わり目は調子を崩す人や気持ちが不安定になる人が多いですよね。

ハーブを使う考え方の一つに、今のような時期は≪デトックス≫の時期だという考え方があります。
季節が変わることに体が反応していて、バランスドッグマッサージの観点から言うと心身のバランスが不安定になりがちな時期でもあると言えます。

科学的な所から言えば、気温差や湿度の変化、気圧の変化が大きいと体へのストレスも大きくなります。
それは疲れやすくなったり、自己免疫機能が低下することにつながり、体調を崩すきっかけになっているんですね。 

ではどのように過ごせば気持ちや身体の健康な状態で季節の移ろいを過ごせるのでしょうか。

実は簡単なことなのですが、現代社会ではなかなか難しいことだったりするのです。

 

≪呼吸や五感を意識する≫

「え、こんなことで・・・?」 と思われるかもしれません。

でも、実はそんな簡単なことが意外に意識して出来ていなかったりするのです。

・ゆっくりと静かに、お腹の底から深呼吸をすること。

・季節の匂いや日暮の時間の変化を感じること。

・足の先から頭の先まで意識を持つこと。

上に挙げた事は人に対してのものだけでなく、その多くは犬達に対してもとっても大切なことなのです。

同じ空間で過ごす人と犬。

感じるモノも、聞こえる音も、香ってくる匂いも、同じものを感じていることが多いものです。

犬だけがよく遊びよく寝るだけではなく、飼い主さん自身も犬と共に過ごす中で深呼吸をしたり、
一緒に走り回ったり、季節を感じながらお散歩できること。

そして、その上でハーブやバッチフラワーレメディを取り入れることで、さらに自然の力を借りて気持ちや体を健やかに、穏やかに保つこと。

それが一番笑顔に健やかに過ごせることにつながっているのです^^

 

まずは愛犬に深い呼吸をしながら触れてあげる。

そして、楽しく穏やかに一緒の時間をお散歩等で過ごしてみましょう。

 

日々のことだからこそ、忘れがち。

ちょっとの意識で、気分や健康状態も大きる変わるものですから^^

 

画像の三角帽子は、エキナセアパープレアというお花(ハーブ)の種子を採ったあとのものです。

可愛いですね^^

エキナセアは5年物の根が抗生物質として効能があります。

うちの子たちは今年で3歳。あと2年が待ち遠しいです♫

 

さ、夏に収穫したハーブたちでちょっとすっきりハーブミルクティーを飲むことにします。

もうすぐ春。

また芽吹くミントやタイム、エキナセア。

新しく命を紡ぐハーブたち。

とっても楽しみな季節です。